RSS
Admin
Archives

~ おちなまいにち ~

第19期緑のふるさと協力隊 高知県越知町派遣 鈴木千歩 のブログです

プロフィール

せんぽさん

Author:せんぽさん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06
08
Category : 日常

こちらで生活していて、とてもありがたいことにいろんなものをいただいてるので、母が、「お世話になってる方たちに」と山形のお米を送ってくれました。

でもね・・・やっぱり山形のお米は山形の水じゃないと美味しくない;;

ぜんっぜん味が違うからびっくりしました。

お水って土地土地で本当にちがうんですねえ


お茶もそう。
このへんはお茶畑がたくさんあるんだけど、地域によって味が全然違う。家庭によっても違うけど。
そして口をそろえて「ここのお茶はここのお水で飲むのがいちばん!」とおっしゃいます。

cha.jpg
(手前・ハツモミジ 後ろ・ヤブキタ)

なるほどなあ~~


おいしくない都会の水/おいしい田舎の水

の、ふたくくりで考えてたけど、お水も個性があるんだなあ


食べ物は「お取り寄せ」じゃだめですね。

食べたいものは現地に行って食べよ。
今ここでしか味わえないものをかみしめよ。


関連して、最近知った「地域伝統野菜」という存在。
有名どころでいったら京都の京野菜みたいな。
その土地の郷土料理を作るには欠かせない。

越知にも、赤カブの一種「大平カブ」という地域伝統野菜があるということで、先日、桐見川地区で栽培している農家さんのところにお話を聞きに行ってきました!
(ちなみに上の写真もここの農家さんの茶畑です)

これが大平カブの種。
oohirakabu.jpg

5月の中旬に種をとって、8~9月に植える。
収穫したカブはクジラといっしょに煮て食べるらしい(クジラは昔はお肉より安かったから)。おいしそ~♪

生産上いろいろ難題があるみたいだけど、食用の赤カブ(私の地元にある赤カブは色カブとして使うだけで、食べません)は全国でも珍しいし、そういう野菜があるってだけで、すごく魅力的。

脈々と受け継がれているものに、その土地の知恵と歴史と魅力が詰まってる。
大切にしなきゃいけないし、もっと知りたいなあ。


うーーーん。なんか文がごちゃごちゃですね。ごめんなさい;



いやしかし山形米にはがっくりしたけど、お水の大切さ、い~いこと学べた!


とりあえず越知の食を味わい尽くすぞ!!
・・・という食い意地張りまくった宣言でした(笑)



~今日の土佐弁~

「ひとはら食べや~」

意味:おなかいっぱい(いやになるくらい!)食べな~




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。