RSS
Admin
Archives

~ おちなまいにち ~

第19期緑のふるさと協力隊 高知県越知町派遣 鈴木千歩 のブログです

プロフィール

せんぽさん

Author:せんぽさん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01
15
Category : 文化

1月14日、横畠・柚ノ木集落にて、「春祈祷(はるぎとう)」が行われました。

春祈祷とは。

新年のはじめに、地域の家内安全、無病息災、五穀豊穣を願う集落行事。
現在横畠で行っているのは、柚ノ木、栗ノ木、稲村の3集落。

DSC04739.jpg
DSC04735.jpg
柚ノ木では、長ーーーーい数珠をみんなで持って、般若心経を唱えながら、反時計回りに回す。
だいたい30分くらい。

お坊さんに軽い警策(きょうさく・肩を叩く棒)を受け、
今度は時計回りに3周回して、儀式が終わる。

念仏を唱えて、無心で回していると、心が落ち着く。
座禅をしたくなりました。
まあ、わりと、みんなでわいわいしながら回したりしてましたが(^u^)

集落の人みんなで持っても、たるんでしまう数珠。
昔はもっと参加する人が多かった。

その前に、昔は、「今年はこの家。来年はあの家」ってかんじで、
1年に1家族ずつ、行っていたけど、
5年前から、集落みんなで集まってするようになったそう。

今では、新年会の意味合いも含まれている。

儀式の後は、もちろんおきゃく(宴会)。
DSC04742.jpg

数年前までは家族でやっても数珠がたるまないほどにぎやかだった家も、
今はひとりで生活している人が多い。

「久しぶりにこんなに笑った!!」

と何人もの人が言っていた。

時代によって、変わっていくのが世の常。
昔から続く行事も変わっていく。

今の柚ノ木に、今の春祈祷は、ぴったり。

続いていってほしいなあと思った。




いやあ、しかし・・・・
あんだけ呑んだ後の、スカッシュバレーはきつかったなあ(;一_一)笑






~今日の土佐弁~

「 たった 」

意味:飽きた









スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。